事前にチェックする|オフィスデザインを変えて事業拡大|オフィスチェアを変更する

オフィスデザインを変えて事業拡大|オフィスチェアを変更する

事前にチェックする

OKポーズをする人達

オフィスデザインを考える際の注意点

オフィスデザインといってもさまざまなものが考えられるので、デザインを考える際には注意が必要です。働く人の人数やどのような作業をするのかなど使用目的や規模によって必要な広さも違ってきます。場合によっては社長室や給湯室といった小部屋の有無や配置にも必要になってきます。このように基本的な情報をまとめてまずは必要最低限の内容を吟味します。次に人がどのように動くかを予想したり、作業する際の快適なスペースの検討をして、より使いやすいオフィスデザインを考えます。この段階では、個々の作業スペースに間仕切りを付けるような閉鎖的なタイプを希望するのか、間仕切りなしのオープンなタイプを希望するのかなどを検討していきます。そして、オフィスデスクの配置や色の選定などを具体的に検討していきます。

知っておくと失敗しないこと

オフィスデザインを考える上で知っておくと失敗しない基本的なことがあります。その一つはオフィスデザインする建物そのものの構造を知ることです。例えば、木造の建物をオフィスとして利用する場合は鉄筋コンクリート造の建物と比べて作業音や臭いの漏れ等に気をつける必要があります。場合によっては防音効果のある材料を床や壁、天井に張ったり、より密閉性のある内窓の設置などを検討する必要が出てきます。また、鉄筋コンクリート造の建物では場合によっては壁に物を張れるようにボードを張る必要が出てきたりもします。基本的なことになりますが、床もオフィス用になっていない場合もありますので、パソコンなどの配線が床下に収納できるタイプの床に変更が必要かどうかを確認すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加